債務整理のノウハウ

消費者金融・借金返済に関する知識を惜しみなくご紹介します

借金が返せなくて困っている方は、生活が成り立たなくなって離婚や一家離散の危機もあります。まっとうな業者ならまだしも、ヤミ金融だと生命の危険だってあるかも。

 

 

これを解決できるのは法律の力だけです。知らないで損をするのはいつも消費者です。貸す方は、取れるだけ取るつもりなので、もう返済が終わっていますよとは決して言いません。もう終わっているはずだと、法律を盾にして突きつけなければならないのです。

 

 

私は、消費者金融業界のことを詳細に調べました。貸付審査、回収業務、弁護士交渉、強制執行、ヤミ金相談、消費者金融で行われているあらゆることを知ることができたの、私にとっては財産となりました。

 

 

今現在、多重債務者の方、まもなく多重債務者になりそうな方、これから初めて消費者金融業者を利用しようと考えている方、このサイトの情報を参考にしてください。

 

債務整理

 

 

あと3万円がどうしても用意できない!
金策はもう尽きた。
もう消えてしまいたい。

 

315万円の借金が、自宅からメールを送るだけで
明日、明後日にも激減させ、取り立てを止める方法があります。
試してみたいと思いませんか。

 

 

それは、こちらです。

 

>>街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込

 

 

 

債務整理

 

 

 

債務整理についての基礎知識を持ちましょう

 

金融会社から借りた借金が返済できなくなったときに行なう手続きが債務整理です。債務整理には決められた方法があります。

 

◆借入額を減額してもらうように交渉し和解に持ち込む(任意整理)
◆応じない場合は裁判所に調停を頼む(特定調停)
◆相手と交渉して可処分所得分だけを3年かけて返済する(給与所得者の個人再生)

 

など、さまざまな方法があります。

 

 

債務整理は、任意整理、個人再生、自己破産の3段階に分けられます。

 

 

手続きは弁護士や認定司法書士に頼むことになります。
法律の知識が必要ですから、手続きは個人には難しく、相手方との和解交渉は素人の手におえるものではありません

 

 

和解交渉は弁護士や認定司法書士の腕の見せ所です。所得から生活費、電気代、水道料、国民年金、健康保険などを差し引いた可処分所得で返済するので、日常の生活は切りつめることは必要ですが続けることができます。

 

 

 

メールを送るだけで、無料で相談を受け付けている事務所があります。
まずは無料で相談しましょう。

 

 

 

自己破産は最後の手段

 

債務整理の最後の手段として自己破産があります。
これは、裁判所に申し立てて裁判所の決定を得る必要があります。

 

 

自己破産が認められると、いっさいの債務はなくなります。ただし、相続税の支払いなど税金は免除されませんから、相続税対策に自己破産はできません。そうなる前に専門家に相談しましょう。

 

 

 

無料法律相談はこちらです。

 

>>街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込

 

 

 

 

債務整理